メニュー
LINEで質問する 15日間無料お試し プランナー様へ

NEWSお知らせ

まるるの裏技!席札と年賀状に2回の利用が可能!? 

2020.05.08 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

まるるの有効期間を活用し、11月・12月に結婚式をご予定の方限定でお得な活用裏技をこっそりご紹介しちゃいます!11月・12月に結婚式をご予定の方は、ぜひ参考にされて下さいね!

 

 

まるるの有効期限は結婚式から2カ月間

ゲストの皆さまにまるるのページを閲覧いただける有効期間は、結婚式から2カ月間です。そのため、11月15日の結婚式であれば、1月15日までが該当期間となります。

この有効期間内なら何度でもメッセージの書き換えや写真の入れ替えにも対応していることに注目し、裏技として2回の活用ができるのです!

 

1回目は結婚式に利用
1回目の利用は、オーソドックスに結婚式でのお札のメッセージとしてご活用下さい。席札に掲載いただいてもOKですし、サンクスカードに添える事もOK!この他、引出物に添えるメッセージカードとしてもご活用いただけます。手書きがないのは物足りないとお考えの場合、QRコードの周りに手書きメッセージを添えることで、手書きのあたたかさも追加できますよ!


2回目は年始のご挨拶に利用
11月・12月に結婚式をご予定の場合、夫婦として初めて迎える新年がすぐそこに迫っています。ゲスト全てにご挨拶に伺うことは、なかなか難しい事から年始のご挨拶として年賀状をご用意なさることも多いでしょう。

11月・12月に結婚式をご予定の方は有効期間内にお正月が来るという方が過半数なので、この年賀状にもまるるを活用いただけます!

「結婚式で渡したQRコードを見てね」と一言添え、オリジナルの年賀状を制作すれば年賀状の雰囲気はもちろん、まるるのページ内に無限のメッセージを掲載することが可能です。


この他の活用方法
結婚式の後、新婚旅行をご予定される方も多かと思います。オプションのアルバム機能を利用するとこの新婚旅行の風景や思い出をまるるに掲載し、ゲストにシェアすることも可能です。旅先ならではの場所や食べ物などを紹介できます。さらに夫婦として仲良く楽しまれている姿はとてもほほえましいもの。ゲストにもきっと幸せな気持ちが伝わりますね。

 

まとめ

 

・まるるの閲覧有効期間は結婚式から2カ月
・11月、12月の結婚式であれば年賀のご挨拶へのアレンジも可能【裏技】
・挙式後のハネムーン風景を掲載し、ゲストに紹介することもおすすめ

 

まるるの有効期間を活用した、裏技のご紹介でした。11月、12月の結婚式予定の方は、1回のお申し込みでまるるページを2回ご利用できとってもお得です!

該当しない月に結婚式を開催する場合でも、アルバム機能を利用すれば新婚旅行の思い出をゲストにシェアすることもできます。楽しい思い出を詰め込んだページにアレンジし、ゲストにもHAPPYを届けていきましょう!

結婚式後にもサプライズを仕掛けたい時におすすめの演出とは? 

2020.05.01 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

結婚式や披露宴中に計画するサプライズだけでは物足りない!と考えの方も少なくありません。そのようなお気持ちの方に向けて、まるるを使ったおすすめの演出をご紹介します!

 

 

引出物にもメッセージを同封する

多くのゲストが結婚式後に持ち帰る「引出物」。

地域によってさまざまな意見がありますが、新郎新婦がセレクトされた品物とお菓子などをセットに用意することが主な内容です。この引出物セットの中にメッセージを添えることも、小さなサプライズになるんでおすすめ!

ゲストが帰宅されてから引出物をご覧になった際や移動中に確認頂くことが可能です。サプライズとしてだけでなく、感謝の気持ちを伝えたい場合にもぜひご検討下さい。

 

 

メッセージカードにはぜひまるるを活用ください!

直筆でお礼メッセージを記すこともステキな演出ですが、自分たちらしさをより伝えたいとお考えであれば、引出物に添えるメッセージにもまるるをご活用下さい!

まるるをセレクト頂くことで、ゲストの皆さまに対しての感謝の気持ちがより伝わる演出にアレンジできます!では、まるるをご利用頂くメリットをご紹介いたします!

 

 

まるるのメリット1
サンクスカードとして、まるるをご活用頂く場合でも文字数に制限はありません。ご友人宛など、たくさんのメッセージをつづりたい場合でも問題ありません。

ボリュームいっぱいの内容を記すことが可能です。内容の濃いメッセージはゲストにとっても読み応えがあり、思い出に残る演出になるでしょう。


まるるのメリット2
写真入りのメッセージの制作が可能!

写真を使用することで華やかさも増し、見ごたえもアップします。結婚式の中で紹介出来ていないような写真を使用すれば、ゲストも見ていて楽しいですね。


まるるのメリット3
まるるでは動画の追加も可能です。

音声での感謝を伝えることは、より印象深い演出になります。結婚式後も2ヶ月間は閲覧が可能なので、ゲスト自身も何度も読み返すことができ、結婚式の感動を共有できます。

 

 

まとめ

 

・サンクスカードを引出物にしのばせ、サプライズ
・まるるを利用してボリュームいっぱいのメッセージをつづるのもおすすめ
・写真や動画をプラスして、見ごたえのあるページにアレンジ可能

 

引出物にメッセージカードをそえるサプライズについてご紹介しました。

まるるのご利用は席札メッセージとしてだけではありません。引出物にメッセージを添える演出をご検討の場合は、ぜひまるるをご活用下さい!手書き以上にボリュームいっぱいの内容でゲストへの感謝を伝えられますよ

 

席札メッセージの喜ばれる書き方、教えます♪ 

2020.04.21 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

席札メッセージがゲストに喜ばれる演出と分かっていても、どんな風に書き進めたらいいか悩まれる方は案外多いです。ゲストの笑顔を想像すればするほど、悩みが大きくなることもあるでしょう。そこで今回は、ゲストに喜ばれる席札メッセージの書き方をご紹介します。

 

 

【冒頭】列席のお礼から書き出す

席札メッセージの書き出しは「本日はお越しいただいてありがとうございます」という内容で、列席のお礼を伝えることからスタートしていきましょう。ただお礼を伝えるだけではなく、

・遠方の所、ご参加いただきありがとうございます。
・ご多用中にもかかわらず、ご臨席下さりありがとうございます。

など、ゲスト事に配慮してメッセージすることを心がけると良いですね。

 

 

【中段】ゲストとの思い出をメッセージ

上司や先輩、親族に友人...
さまざまなお付き合いのゲストがいらっしゃいます。ゲストそれぞれの顔を思い浮かべ、思い出深い出来事を書き進めていきましょう。特にお付き合いの長いご友人たちには伝えたいメッセージが多くなるかもしれませんが、まるるには文字制限がないため、その心配もクリアにできます!

しかし、中にはなんと書けばいいか悩むこともあるかと思います。その場合はぜひメッセージ例などを参考にしてみてくださいね。

上司へのメッセージ例はこちら
親族へのメッセージ例はこちら
恩師・先輩へのメッセージ例はこちら

 

 

【締め】これからの抱負をつづる

学生時代からだったり、社会人になってからだったり、さまざまなシーンで助言して下さる先輩方。先輩方にも結婚式というシーンに改めてお礼を伝えましょう。

 

・結婚後は今以上に仕事を頑張っていきたい
・結婚し手も夫婦共々なかよくしてほしい
・新居にも遊びに来てほしい
など、結婚後の抱負や対象とするゲストにお願いしたいことなどをまとめましょう。


・引き続き趣味を一緒に楽しみたい
・居酒屋でお酒を飲みたい
・気になる映画を一緒に見に行こう
など、ゲストと一緒にやってみたいことなども含めると特別感が増し、より喜ばれる内容になりますね。


その他には、主賓の挨拶や乾杯、受付、余興など特別な役割をお願いしたゲストにはお礼を添えることも忘れないようにしましょう。この他にも、年長者や妊婦さんなどには体調を気遣う内容を添えること!ゲストの事を大切に思っている気持ちがより伝わるためおすすめです。

 

まとめ

 

・冒頭は「参加のお礼」を忘れずに
・それぞれのゲストとの思い出をつづると特別感がUP
・今後の抱負や結婚後もお願いしたいことを伝え、まとめる

 

席札メッセージを用意するにあたり、よりゲストに喜んでもらえる書き方をまとめました。参加の感謝を伝え、思い出や今後の抱負を続けまとめましょう。文章が長くなっても文字制限のない「まるる」なら安心!文字の他にも、写真や動画を盛り込めることもまるるをおすすめできるポイントです。

ゲストへの気遣いを忘れずに、ゲストに特別感を伝えられるような内容にまとめていきましょう!

席札メッセージの参考例~恩師・先輩編~ 

2020.04.18 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

学生時代の恩師やいつもお世話になっている先輩を結婚式にご招待される予定の方も多いかと思います。しかし、改まった機会でお礼メッセージの筆が進まないこともあるでしょう。そこで今回は、恩師・先輩に向けての席札メッセージの文例をまとめていきます!

 

 

席札メッセージを書くコツとは?

友人ならどんなメッセージの形式にしても問題ないかも知れませんが、恩師や先輩であれば「なんでもいい!」分けにはいきません。結婚式なりのルールを守り、丁寧で改まった内容を伝えることが望ましいといえます。

それでいて、お礼メッセージに決まった定型文などはないため、ゲスト事にメッセージを変えていく必要があります。同じ文章だと分ければそっけない印象になってしまう恐れもあります。

おすすめは、「今までの感謝を伝える」ことと「結婚式に参列してくださることへのお礼」にポイントをること!結婚式ではタブーとされている忌み言葉・重ね言葉には注意し、句読点も使用しないことが望ましいです。

忌み言葉例)別れる・離れる・切れる・去る・終わる、など
重ね言葉例)重ね重ね・たびたび・ますます・次々・くれぐれも、など

 

 

恩師へのメッセージ例

学生時代にお世話になった恩師。今でも交流があり、出会う機会を設けている方も少なくありません。そんな恩師にも結婚式の場を借りて今までのお礼を伝えましょう。

 

1)
本日は私たちの結婚式にご参加下さり、誠にありがとうございます。部活で先輩と出会って○年ですね。先輩と部活中に笑いあったが学生時代が本当になつかしいです。今でも毎年◎◎部の集まりを企画して下さり、本当にありがとうございます。今後は○○(彼・彼女)共々よろしくお願いいたします。また飲みましょう!


2)
本日は私たちの結婚披露宴にお越しいただき、ありがとうございます。今の部署に配属されてから、○○さん(対象ゲスト)にご指導いただけたおかげで今の私があります。たくさんのことを教えていただき、本当にありがとうございます!○○さんのようになれるよう、今後も精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

先輩へのメッセージ例

学生時代からだったり、社会人になってからだったり、さまざまなシーンで助言して下さる先輩方。先輩方にも結婚式というシーンに改めてお礼を伝えましょう。


1)
本日はご多用中にもかかわらず 私どもの結婚式にご参加頂きありがとうございます 
また主賓としてご挨拶(乾杯の発声・乾杯の音頭)を頂戴し 心より感謝申し上げます 
今後も今まで以上に業務に励みたいと思っております 変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします 


2)
ご多用の中 本日は私どもの結婚披露宴にお越しいただき 誠にありがとうございます 振り返れば入社して◎年 ◎◎さん(対象ゲスト)のおかげで日々の業務にも打ち込め 微力ながら成長して来られました 結婚し一家の主として今後も業務に励みたいと思っております
今後とも温かくも厳しいご指導のほどよろしくお願いいたします


3)
本日は結婚式にご出席いただき 誠にありがとうございます 
○○さん(対象ゲスト)のおかげで入社して○年 日々の業務に励んで来られました 
今後は一家の主として 今まで以上に業務に努めたいと思います  今後ともご指導 ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

 

まとめ

 

・結婚式のタブーを守り、きちんとした形でメッセージを残すことが基本
・恩師・先輩共に思い出深い内容を含めると◎
・今後は彼・彼女共々親しくして欲しいメッセージで締めくくると良い

 

恩師・先輩に向けてのメッセージ文例をまとめました。親しい間柄であっても、成長した姿を見てもらうためにも、結婚式のタブーを守りきちんとした形を残すことが大切です。思い出深い内容を盛り込み、特定のゲストへのメッセージ性を強くすることが喜ばれるポイントに繋がります。

席札メッセージの参考例~親族編~ 

2020.04.15 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

「友人にはお礼のメッセージもすぐ書けたけど、親族にはなんて書けばいいの!?」とお悩みの方はいませんか?家族のように過ごしている親族ならお礼メッセージも書きやすいですが、なかなか出会わない方であれば、筆も進まないですよね。そこで今回は、親族に向けての席札メッセージの文例をまとめていきます!

 

お礼メッセージを書くコツとは?

結婚式でゲストに渡すお礼メッセージに決まった定型文がありません。どのゲストにも同じメッセージにしてしまうと、それぞれのゲストに対して感謝の気持ちが伝わらない結果を招きかねません。それに加えてそっけない印象になってしまうことも。


そのため、「今までの感謝を伝える」ことと「結婚式に参列してくださることへのお礼」にポイントをあて、メッセージを準備していきましょう。また、結婚式ではタブーとされている忌み言葉・重ね言葉には注意し、句読点も使用しないことが望ましいです。


忌み言葉例)別れる・離れる・切れる・去る・終わる、など
重ね言葉例)重ね重ね・たびたび・ますます・次々・くれぐれも、など

 

 

親族へのメッセージ例

ゲストに対して、特別な思い出がある場合はそれを書き添えたり、小さい頃の思い出を含めるたりすることで、ゲストと思い出を共有できることに繋がります。最近であった時の出来事を含めるてもOK!では早速親族へのメッセージ例をご紹介していきます。

 

 

1)
本日は遠方からお越しいただき 誠にありがとうございます 
小さい頃から出会うたびにたくさん遊んでもらって楽しかった思い出がたくさんあります 
これからも温かく見守って下さい よろしくお願いします!


2)
本日は私たちの結婚披露宴にお越しいただき ありがとうがとうございます 
おじさんとおばさんはいつも仲良くて喧嘩とは無縁だなとずっと思っていした
ぜひ夫婦円満の秘訣を教えて下さい!これからもよろしくお願いします

 


3)
本日は結婚式にご参列いただき、ありがとうございます!
小さい時、○○さん(対象ゲスト)と一緒に○○に出かけたことを思い出します そんな私も一家の大黒柱となり 今後は家庭を守っていきます!
健康には気をつけてください お正月にはまた一緒にお酒が飲みましょう!


4)
本日は私たちの結婚披露宴にお越しいただき 誠にありがとうございます
遠方からですし お疲れは出ていないでしょうか
小学生の頃 家族でおじさんのお家に遊びに行かせてもらったことがなつかしいです
今度は夫婦で遊びに行かせて下さい 今後ともよろしくお願いいたします


5)
本日は私たちの結婚式にご参加いただき ありがとうございます 
本来なら、事前に○○(彼・彼女)のことをご紹介するべきところ結婚式当日になってしまい申し訳ありません
未熟な私たちですが 今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします

 

まとめ

 

・列席いただいた事へのお礼は必須!
・遠方からお越しいただく場合のお礼も含めることも忘れずに
・親族へのメッセージには特定の思い出話をつづると喜ばれる
・夫婦共々親しくして欲しいというメッセージでまとめると◎

 

親族への席札メッセージの文例集をご紹介しました。列席いただいたお礼からスタートし、「今後は夫婦共々よろしくお願いします」というメッセージで締めくくると良いでしょう。

また遊びに行かせてほしい、一緒にお酒が飲みたいなど、ゲストと一緒にやりたいことなどを伝えることもおすすめです。

席札メッセージの参考例~上司編~ 

2020.04.14 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

友人には気軽にメッセージをつづれても、上司には何を書いたらいいか分からない!とお悩みの方はいらっしゃいませんか?今回は上司の皆さまにむけたメッセージ例をピックアップしてご紹介していきます!

 

 

席札メッセージを書くコツとは?

席札メッセージなど、お礼のメッセージに決まったひな形はありません。仕事で使うご挨拶文章のような定型文で用意していくことはNG。

ゲストに対して感謝の気持ちが伝わらず、そっけない印象になってしまいます。そのため、「日頃の感謝を伝える」ことと「結婚式に参列してくださることへのお礼」に注意してメッセージを準備していくことがおすすめです。

それに加え、結婚式ではタブーとされている忌み言葉・重ね言葉には注意し文章を考えていきましょう。
さらに句読点も使用しないことが望ましいです。

忌み言葉例)別れる・離れる・切れる・去る・終わる、など
重ね言葉例)重ね重ね・たびたび・ますます・次々・くれぐれも、など

 

 

上司へのメッセージ例

ゲストに向けて同じメッセージはタブーですが、「本日はご多用中の中 私どもの結婚披露宴にお越しいただきまして誠にありがとうございます」は、どのゲストにも使用できる文章です。では、早速上司へのメッセージ例をご紹介していきます。

 

1)
本日はご出席いただき誠にありがとうございます
また主賓のご挨拶(乾杯の発声・乾杯の音頭)という大役をお引き受け頂き 感謝申し上げます 
今後もより一層業務に励みたいと思っています 今後ともご指導のほど よろしくお願いいたします


2)
本日はご多用中にもかかわらず 結婚式にらびに披露宴にご出席いただき 誠にありがとうございます 
また 主賓のご挨拶(乾杯の発声・乾杯の音頭)も賜りありがとうございます 
振り返れば入社して○年が経過しました いたらない部分も多いですが これからも精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします


3)
本日はご多用中にもかかわらず 私どもの結婚式にご参加頂きありがとうございます 
また主賓としてご挨拶(乾杯の発声・乾杯の音頭)を頂戴し 心より感謝申し上げます 
今後も今まで以上に業務に励みたいと思っております 変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします 


4)
ご多用の中 本日は私どもの結婚披露宴にお越しいただき 誠にありがとうございます 振り返れば入社して◎年 ◎◎さん(対象ゲスト)のおかげで日々の業務にも打ち込め 微力ながら成長して来られました 結婚し一家の主として今後も業務に励みたいと思っております
今後とも温かくも厳しいご指導のほどよろしくお願いいたします


5)
本日は結婚式にご出席いただき 誠にありがとうございます 
○○さん(対象ゲスト)のおかげで入社して○年 日々の業務に励んで来られました 
今後は一家の主として 今まで以上に業務に努めたいと思います  今後ともご指導 ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

 

まとめ

 

・「本日はご多用中の中 私どもの結婚披露宴にお越しいただきまして誠にありがとうございます」はどのゲストにも使用OK
・忌み言葉、重ね言葉は使用しない、句読点は使用しないように注意する
・日々の感謝を織り交ぜると、よりオリジナルのメッセージに!

 

主賓の挨拶や乾杯の発声を頂戴した上司に向けて、席札に添えるメッセージ文の例文をご紹介いたしました。今回ご紹介したポイントに注意し、なるべく内容が重複しないように考えることがベストです。

そのためには、日々の業務や対象のゲストと出会ってからの思い出を振り返ることがおすすめ。ゲストと共有できる思い出を含ませることで、オリジナル度がグッとアップしますよ!


現在表示件数 1〜6 全件数15件
15日間無料お試しを申し込む