メニュー

結婚メッセージのサプライズ演出|席札とQRコードを活用しゲスト一人ひとりに感謝の気持ちを伝える~まるる~

LINEで質問する 15日間無料お試し プランナー様へ

NEWSお知らせ

席札メッセージの参考例~親族編~

2020.04.15 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

「友人にはお礼のメッセージもすぐ書けたけど、親族にはなんて書けばいいの!?」とお悩みの方はいませんか?家族のように過ごしている親族ならお礼メッセージも書きやすいですが、なかなか出会わない方であれば、筆も進まないですよね。そこで今回は、親族に向けての席札メッセージの文例をまとめていきます!

 

お礼メッセージを書くコツとは?

結婚式でゲストに渡すお礼メッセージに決まった定型文がありません。どのゲストにも同じメッセージにしてしまうと、それぞれのゲストに対して感謝の気持ちが伝わらない結果を招きかねません。それに加えてそっけない印象になってしまうことも。


そのため、「今までの感謝を伝える」ことと「結婚式に参列してくださることへのお礼」にポイントをあて、メッセージを準備していきましょう。また、結婚式ではタブーとされている忌み言葉・重ね言葉には注意し、句読点も使用しないことが望ましいです。


忌み言葉例)別れる・離れる・切れる・去る・終わる、など
重ね言葉例)重ね重ね・たびたび・ますます・次々・くれぐれも、など

 

 

親族へのメッセージ例

ゲストに対して、特別な思い出がある場合はそれを書き添えたり、小さい頃の思い出を含めるたりすることで、ゲストと思い出を共有できることに繋がります。最近であった時の出来事を含めるてもOK!では早速親族へのメッセージ例をご紹介していきます。

 

 

1)
本日は遠方からお越しいただき 誠にありがとうございます 
小さい頃から出会うたびにたくさん遊んでもらって楽しかった思い出がたくさんあります 
これからも温かく見守って下さい よろしくお願いします!


2)
本日は私たちの結婚披露宴にお越しいただき ありがとうがとうございます 
おじさんとおばさんはいつも仲良くて喧嘩とは無縁だなとずっと思っていした
ぜひ夫婦円満の秘訣を教えて下さい!これからもよろしくお願いします

 


3)
本日は結婚式にご参列いただき、ありがとうございます!
小さい時、○○さん(対象ゲスト)と一緒に○○に出かけたことを思い出します そんな私も一家の大黒柱となり 今後は家庭を守っていきます!
健康には気をつけてください お正月にはまた一緒にお酒が飲みましょう!


4)
本日は私たちの結婚披露宴にお越しいただき 誠にありがとうございます
遠方からですし お疲れは出ていないでしょうか
小学生の頃 家族でおじさんのお家に遊びに行かせてもらったことがなつかしいです
今度は夫婦で遊びに行かせて下さい 今後ともよろしくお願いいたします


5)
本日は私たちの結婚式にご参加いただき ありがとうございます 
本来なら、事前に○○(彼・彼女)のことをご紹介するべきところ結婚式当日になってしまい申し訳ありません
未熟な私たちですが 今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします

 

まとめ

 

・列席いただいた事へのお礼は必須!
・遠方からお越しいただく場合のお礼も含めることも忘れずに
・親族へのメッセージには特定の思い出話をつづると喜ばれる
・夫婦共々親しくして欲しいというメッセージでまとめると◎

 

親族への席札メッセージの文例集をご紹介しました。列席いただいたお礼からスタートし、「今後は夫婦共々よろしくお願いします」というメッセージで締めくくると良いでしょう。

また遊びに行かせてほしい、一緒にお酒が飲みたいなど、ゲストと一緒にやりたいことなどを伝えることもおすすめです。

前の記事 記事一覧 次の記事
15日間無料お試しを申し込む