メニュー

結婚メッセージのサプライズ演出|席札とQRコードを活用しゲスト一人ひとりに感謝の気持ちを伝える~まるる~

LINEで質問する 15日間無料お試し プランナー様へ

NEWSお知らせ

席札メッセージの参考例~恩師・先輩編~

2020.04.18 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

学生時代の恩師やいつもお世話になっている先輩を結婚式にご招待される予定の方も多いかと思います。しかし、改まった機会でお礼メッセージの筆が進まないこともあるでしょう。そこで今回は、恩師・先輩に向けての席札メッセージの文例をまとめていきます!

 

 

席札メッセージを書くコツとは?

友人ならどんなメッセージの形式にしても問題ないかも知れませんが、恩師や先輩であれば「なんでもいい!」分けにはいきません。結婚式なりのルールを守り、丁寧で改まった内容を伝えることが望ましいといえます。

それでいて、お礼メッセージに決まった定型文などはないため、ゲスト事にメッセージを変えていく必要があります。同じ文章だと分ければそっけない印象になってしまう恐れもあります。

おすすめは、「今までの感謝を伝える」ことと「結婚式に参列してくださることへのお礼」にポイントをること!結婚式ではタブーとされている忌み言葉・重ね言葉には注意し、句読点も使用しないことが望ましいです。

忌み言葉例)別れる・離れる・切れる・去る・終わる、など
重ね言葉例)重ね重ね・たびたび・ますます・次々・くれぐれも、など

 

 

恩師へのメッセージ例

学生時代にお世話になった恩師。今でも交流があり、出会う機会を設けている方も少なくありません。そんな恩師にも結婚式の場を借りて今までのお礼を伝えましょう。

 

1)
本日は私たちの結婚式にご参加下さり、誠にありがとうございます。部活で先輩と出会って○年ですね。先輩と部活中に笑いあったが学生時代が本当になつかしいです。今でも毎年◎◎部の集まりを企画して下さり、本当にありがとうございます。今後は○○(彼・彼女)共々よろしくお願いいたします。また飲みましょう!


2)
本日は私たちの結婚披露宴にお越しいただき、ありがとうございます。今の部署に配属されてから、○○さん(対象ゲスト)にご指導いただけたおかげで今の私があります。たくさんのことを教えていただき、本当にありがとうございます!○○さんのようになれるよう、今後も精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

先輩へのメッセージ例

学生時代からだったり、社会人になってからだったり、さまざまなシーンで助言して下さる先輩方。先輩方にも結婚式というシーンに改めてお礼を伝えましょう。


1)
本日はご多用中にもかかわらず 私どもの結婚式にご参加頂きありがとうございます 
また主賓としてご挨拶(乾杯の発声・乾杯の音頭)を頂戴し 心より感謝申し上げます 
今後も今まで以上に業務に励みたいと思っております 変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします 


2)
ご多用の中 本日は私どもの結婚披露宴にお越しいただき 誠にありがとうございます 振り返れば入社して◎年 ◎◎さん(対象ゲスト)のおかげで日々の業務にも打ち込め 微力ながら成長して来られました 結婚し一家の主として今後も業務に励みたいと思っております
今後とも温かくも厳しいご指導のほどよろしくお願いいたします


3)
本日は結婚式にご出席いただき 誠にありがとうございます 
○○さん(対象ゲスト)のおかげで入社して○年 日々の業務に励んで来られました 
今後は一家の主として 今まで以上に業務に努めたいと思います  今後ともご指導 ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

 

まとめ

 

・結婚式のタブーを守り、きちんとした形でメッセージを残すことが基本
・恩師・先輩共に思い出深い内容を含めると◎
・今後は彼・彼女共々親しくして欲しいメッセージで締めくくると良い

 

恩師・先輩に向けてのメッセージ文例をまとめました。親しい間柄であっても、成長した姿を見てもらうためにも、結婚式のタブーを守りきちんとした形を残すことが大切です。思い出深い内容を盛り込み、特定のゲストへのメッセージ性を強くすることが喜ばれるポイントに繋がります。

前の記事 記事一覧 次の記事
15日間無料お試しを申し込む