メニュー

結婚メッセージのサプライズ演出|席札とQRコードを活用しゲスト一人ひとりに感謝の気持ちを伝える~まるる~

LINEで質問する 15日間無料お試し プランナー様へ

NEWSお知らせ

席札メッセージの喜ばれる書き方、教えます♪

2020.04.21 コラム

まるる×元ウェディングプランナー コラボ企画!

 

みなさんこんにちは!まるる広報部の元ウェディングプランナー、Sakiです。
ここでは、私Sakiが「まるる」の活用方法について詳しくご紹介していきます。
 

・こんなときに活用できる!
・こんな人にぜひまるるを利用してもらいたい!
・こんなシーンでも活用できる!

 

など、まるるのおすすめポイントや簡単にできるアレンジ方法などもご紹介していきます。では、早速ご紹介してきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

席札メッセージがゲストに喜ばれる演出と分かっていても、どんな風に書き進めたらいいか悩まれる方は案外多いです。ゲストの笑顔を想像すればするほど、悩みが大きくなることもあるでしょう。そこで今回は、ゲストに喜ばれる席札メッセージの書き方をご紹介します。

 

 

【冒頭】列席のお礼から書き出す

席札メッセージの書き出しは「本日はお越しいただいてありがとうございます」という内容で、列席のお礼を伝えることからスタートしていきましょう。ただお礼を伝えるだけではなく、

・遠方の所、ご参加いただきありがとうございます。
・ご多用中にもかかわらず、ご臨席下さりありがとうございます。

など、ゲスト事に配慮してメッセージすることを心がけると良いですね。

 

 

【中段】ゲストとの思い出をメッセージ

上司や先輩、親族に友人...
さまざまなお付き合いのゲストがいらっしゃいます。ゲストそれぞれの顔を思い浮かべ、思い出深い出来事を書き進めていきましょう。特にお付き合いの長いご友人たちには伝えたいメッセージが多くなるかもしれませんが、まるるには文字制限がないため、その心配もクリアにできます!

しかし、中にはなんと書けばいいか悩むこともあるかと思います。その場合はぜひメッセージ例などを参考にしてみてくださいね。

上司へのメッセージ例はこちら
親族へのメッセージ例はこちら
恩師・先輩へのメッセージ例はこちら

 

 

【締め】これからの抱負をつづる

学生時代からだったり、社会人になってからだったり、さまざまなシーンで助言して下さる先輩方。先輩方にも結婚式というシーンに改めてお礼を伝えましょう。

 

・結婚後は今以上に仕事を頑張っていきたい
・結婚し手も夫婦共々なかよくしてほしい
・新居にも遊びに来てほしい
など、結婚後の抱負や対象とするゲストにお願いしたいことなどをまとめましょう。


・引き続き趣味を一緒に楽しみたい
・居酒屋でお酒を飲みたい
・気になる映画を一緒に見に行こう
など、ゲストと一緒にやってみたいことなども含めると特別感が増し、より喜ばれる内容になりますね。


その他には、主賓の挨拶や乾杯、受付、余興など特別な役割をお願いしたゲストにはお礼を添えることも忘れないようにしましょう。この他にも、年長者や妊婦さんなどには体調を気遣う内容を添えること!ゲストの事を大切に思っている気持ちがより伝わるためおすすめです。

 

まとめ

 

・冒頭は「参加のお礼」を忘れずに
・それぞれのゲストとの思い出をつづると特別感がUP
・今後の抱負や結婚後もお願いしたいことを伝え、まとめる

 

席札メッセージを用意するにあたり、よりゲストに喜んでもらえる書き方をまとめました。参加の感謝を伝え、思い出や今後の抱負を続けまとめましょう。文章が長くなっても文字制限のない「まるる」なら安心!文字の他にも、写真や動画を盛り込めることもまるるをおすすめできるポイントです。

ゲストへの気遣いを忘れずに、ゲストに特別感を伝えられるような内容にまとめていきましょう!

前の記事 記事一覧 次の記事
15日間無料お試しを申し込む