UNKNOWN STORYまるる誕生秘話

私が考案しました

まるるはどのようにして誕生したのか!?

考案者である、
Web Design 我龍 代表取締役 岡嶋拓也が、
2016年9月に行った自身の結婚披露宴がきっかけです。

披露宴の演出を考えている中で、
感謝の気持ちをゲスト全員に伝えたいと思いました。
そういった場合、席札やメッセージカードが
一般的です。
しかしゲスト一人ひとりに
手書きで書く事は時間的にも厳しく、
個人的に字を書く事が苦手なため抵抗がありました。
何かいい方法はないかと考えてるうちに
時間ばかりが過ぎていきました。

挙式を3ヶ月前に控えたある時・・・
ふとQRコードでアクセスしゲスト各自のページを
用意すればいいのではないか?
しかし既にもう出回っているサービスが
あると思い探しましたが、
理想の類似サービスはほとんど見当たらない
状況だったので自身でつくる事にしました。

ただ、時間がなかったためシステム構築はせず、
htmlファイルを1ページ毎に複製し、
内容だけを変更して人数分を作成しました。
正直、それなりに面倒ではありましたが手書きよりも
納得のいく物が出来たと実感しました。

挙式後、列席したゲストからも大変好評でした。
同じような理由で困っている方々のお手伝いが
出来ると確信し、
クラウドサービスとして
ご提供させて頂く事になりました。

ORIGIN OF THE NAMEサービス名の由来

Mauruuru(まるる)はタヒチ語で
「ありがとう」という意味です。

なぜ、タヒチ語!?

実は私事で大変恐縮ですが、
新婚旅行でタヒチに行きました。

そして私が唯一覚えた言葉である
「mauruuru(まるる)」が帰国してからも
耳に残っていました。

このサービスの名前を色々と考えていたら妻から
「mauruuru(まるる)」は!?と一言、、、

この言葉しかないと思い
「Mauruuru(まるる)」と命名しました。

GUEST VOICE感想とゲストの声

挙式風景

2016.09 北山迎賓館(京都)

当初、私は結婚式でゲストへ感謝を伝える方法は例に漏れず、各ゲストの席札裏に手書きでメッセージを書くものだと思っていました。

しかし主人がこのサービスを考えつき、少し戸惑いながらも、ゲストそれぞれに思い出の写真付きで気持ちを伝えられるのならばと思い切ってやってみる事にしました。

すると結果は大成功で、ゲストから大変喜ばれました。遠方から一人で出席してくれる友人も多くいましたので、披露宴が始まるまでの待ち時間を上手く活用でき、思い切ってやってみて良かったです。

- ゲストの感想 -

ヒミツのメッセージみたいで、QRコードを取る時もわくわくしました(*^-^*)写真とメッセージが同時に見れて読んでいて楽しいし、感動しました(*ノωノ)

女性ゲスト女性ゲスト N.Iさん

感動しました!内心皆と同じメッセージなのかと思っていたら自分宛のメッセージで不意打ちに泣きそうに… ( *´艸`)おかげで同じ席の人達との会話も弾み楽しく過ごせました。

女性ゲスト女性ゲスト S.Iさん

こういうメッセージのやり取りも面白いな。今までになかったサービスで♪メッセージ+写真+サプライズ感か!!自分の結婚式でもしようかなぁ~^^

男性ゲスト男性ゲスト K.Tさん

プロジェクトメンバー

まるるの開発に、弊社含め協力(担当)して頂いた
パートナーさんをご紹介させていただきます。

  • 企画・構成

    企画立案・構成

    ㈱Web Design 我龍

  • Webデザイン

    Webデザイン・コーディング

    おむすび

    ㈱Web Design 我龍

  • システム開発

    システム開発

    ㈱Qoonest

    ㈱ギガエージェント

  • グラフィック

    グラフィック

    VENCASEE(ロゴ)

    ㈱Web Design 我龍

(敬称略、順不同)
15日間無料お試しを申し込む